当社団の特徴で紹介した、これまでに行ってきた自主事業の1つである「地域力発掘セミナー」について紹介します。

 「地域力発掘セミナー」は、地域課題とその解決に向けた知見を、講師としてお招きした「地域」に関わるトップランナーの「生」の語りから参加者全員で学び、共有し、各々の次なる活動に繋がる気づきを得ることを目的として、当社団が定期的に開催する実践型の勉強会です。

2018年9月27日に行った第1回セミナーでは、『地方創生を超えてーーこれからの地域政策』(岩波書店、2018年7月)を上梓された小磯修二氏を講師にお招きし、氏のこれまでの地域の現場、政策現場での経験値を元に、現在の地域政策の課題、今後の可能性を提示していただきました。

 セミナーは、以下のような形で行いました。

 ①講師による著書出版に至る背景、問題意識、要点の解説
 ②参加者と講師とのディスカッション

<主なディスカッション内容>
・「まち・ひと・しごと創生戦略」の地方の受け止め方
・大都市対地方、大都市への人口・産業集中という課題への視点
・PPP、PFI、コンセッション等の民間活用、公民連携の現状と課題
・「地方創生」時代における大学の役割・機能 等

 当社団メンバーのネットワークを活かし、まちづくりの実践知を「生」で学ぶことができる貴重な機会を提供する、このセミナーを今後も開催していきます。開催日時等が決まりましたら、HP上でお知らせしますので、お待ちいただければと思います。

活動紹介:地域力発掘セミナー(2018年〜)
0

One thought on “活動紹介:地域力発掘セミナー(2018年〜)

Comments are closed.

Scroll Up